FC2ブログ

シャビーでセピア色の暮らし

日々生活、景色、ガーデニング、アンティークや骨董、甘いもの、、、、、たわいも無い生活の中の一こま。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 甘いもの
CATEGORY ≫ 甘いもの
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

豆 餅

豆 餅



国産もち粉使用のお餅に北海道産赤えんどうを練り込んだ餅菓子です。
求肥が好きなので普通に美味しかったです。
余りポイントは見つけられませんが、どこにでも良くある味だから時々食べたくなる味です。
スポンサーサイト

桐葉菓(とうようか)

桐葉菓(とうようか)


この桐葉菓のモチモチ感、あんの上品な甘さが、さすが、やまだ屋さんです。
電子レンジ(500W)で30秒~40秒温めて頂くのが好きです。

松江からころ橋

松江からころ橋



こしあんを求肥で包み、胡麻が香ばしい柔らかな煎餅で挟んだお菓子です。

桂月堂のお菓子は七代藩主松平不昧公がこよなく愛された茶の心そのもので大好きな松江銘菓で、私は大好きです。

販売価格 1426円

五色かのこ 北海道

五色かのこ 北海道

美味しそうと時々来る生協のカタログを見ていました。
最近は1個のバラ売りもするようになったので早速注文。
カタログでは大きく載っていてとても美味そうだったのに、
届いたら小さくて拍子抜け。
北海道となっているのに(だんらん)はよく目にする名前、それに製造元は多摩市。
ただの蒸かのこだったとは?何だったのでしょう?
表のネーミングに騙されたと言うか、もっと美味しいものだと思ったのに豆を蒸して固めたもので
味は普通でしたが、期待外れだけに美味しさが半減しました。
カタログの美味しそうな写真で騙された薄甘い、、、、かのこでした。
美味しそうと思ってサイズや目方を見なかったのが少し失敗でした。

きんつばといえば中田屋、中田屋といえばきんつば・・・のきんつば


きんつばといえば中田屋、中田屋といえばきんつば・・・のきんつば


艶やかでふっくらとした大納言小豆の厳選。うっすら薄焼きの皮としっとり一体化する餡の炊き具合、さらりとした甘さを引き立てる塩加減。
[きんつば]やっぱり中田屋。 粒ぞろい大粒小豆じっくりと煮あげてあり、小豆がつぶれてなく小豆の歯ごたえが微妙に何とも言えません。
ひと粒一粒この丁寧に仕上げ方が最高です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。